バスケの花道

「バスケの花道」は大好きなNBAを始めとしたバスケットボールに関する色々な話題を、画像・動画・2CH・Twitterなどでまとめた形にしてお届けする「NBAまとめ」「バスケまとめ」のブログサイトです。シーズン中の話題から過去のレジェンドたちのお話、チームごとの話題や選手単体の話題などなど。バスケットを愛する方たちとこのサイトで繋がれたら嬉しい限りです。宜しくお願いしますね♪

    ATL



    (出典 basket-count.com)

    208 バスケ大好き名無しさん

    またカワイ休みか。今回はガチ怪我みたいだが

    【【NBA】ポジョ復活でLACのオフェンス火力が爆発 → 一方カワイさんは狼少年扱いに…】の続きを読む



    (出典 basket-count.com)

    551 バスケ大好き名無しさん 

    トレイヤングってネクストカリーでいいの?

    【【NBA】トレイ・ヤングはNEXTカリーでOK?】の続きを読む



    (出典 s.hdnux.com)

    236 バスケ大好き名無しさん 

    ドンチッチかトレヤンどっちか今季でオール1stあるぞ

    【【NBA】トレイ・ヤングとカルーソは同じカテゴリに入れておこう】の続きを読む



    (出典 hoops-japan.com)

    1 鉄チーズ烏 ★

    NBAは5日、ホークスの主力フォワード、ジョン・コリンズ(22)に対して25試合の出場停止処分を科した。AP通信によれば、禁止薬物の成長ホルモンに分類される「ペプチド―2」に対して陽性反応を示したためで、今季年俸が268万ドル6560ドル(約2億9000万円)の同選手は処分期間中分のサラリーが減額される。

    コリンズは2017年のドラフトの全体19番目に指名されてホークス入り。3季目の今季は開幕から5試合に出場してチーム2位の17・0得点と、同1位の8・8リバウンドをマークしていた。

    本人は謝罪したものの、陽性反応はサプリメント服用によるもので故意の薬物使用は否定。処分に対しては提訴する意思を見せている。

    NBAの今季の薬物規定違反による処分者はコリンズで3人目。8月29日にはネッツのフォワード、ウィルソン・チャンドラー(32)が成長ホルモンで、10月24日には昨年のドラフト全体トップで指名されたサンズのセンター、ディアンドレ・エイトン(21)が利尿剤に陽性反応を示して同じく25試合の出場停止処分を科せられている。

    2019年11月06日 10:20
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/11/06/kiji/20191106s00011061119000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    【【NBA】ヤングがいないってのに何をやってんだよコリンズさん…】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)

    6 バスケ大好き名無しさん

    レディッシュはもう思い切ってGリーグに送ってゆるいディフェンスでしばらくやらせた方がいいんじゃ?

    25分前後のPTでFG20%、3Pが5%なんて状態が続いてたら精神が崩壊するぞ。

    【【NBA】ATLルーキーのレディッシュさんが全くNBAにアジャスト出来ていない件について】の続きを読む

    このページのトップヘ