バスケの花道

「バスケの花道」は大好きなNBAを始めとしたバスケットボールに関する色々な話題を、画像・動画・2CH・Twitterなどでまとめた形にしてお届けする「NBAまとめ」「バスケまとめ」のブログサイトです。シーズン中の話題から過去のレジェンドたちのお話、チームごとの話題や選手単体の話題などなど。バスケットを愛する方たちとこのサイトで繋がれたら嬉しい限りです。宜しくお願いしますね♪

    殿堂入り

    【グラント・ヒル】ケガと闘いながらも殿堂入りを果たしたNBA屈指のオールラウンダー

    グラント・ヘンリー・ヒル(Grant Henry Hill, 1972年10月5日 - )は、アメリカ合衆国のテキサス州ダラス出身の元バスケットボール選手。ポジションはスモールフォワード。身長203cm、体重102kg。現役時代は、NBAの新人賞を受賞し、7回のNBAオールスターゲームに選出された。
    21キロバイト (1,749 語) - 2019年6月20日 (木) 10:51

    彼のNBAデビュー当時は湧きましたね。

    もう一人の当時の黄金ルーキー、ジェイソン・キッドと共にNBAファン、そしてリーグを大いに盛り上げてくれました。
    【【グラント・ヒル】ケガと闘いながらも殿堂入りを果たしたNBA屈指のオールラウンダー】の続きを読む

    【ゲイリー・ペイトン】”the・Glove”NBAの一時代を築いた鉄壁ディフェンシブPG

    ギャリー・ドウェイン・ペイトン(Gary Dwayne Payton Sr., 1968年7月23日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド出身の元バスケットボール選手。NBAのシアトル・スーパーソニックスでキャリアの大半を過ごし、2008年に現役を引退した。身長193センチ、体重81キロ、ポジションはポイントガード。
    16キロバイト (2,073 語) - 2019年8月11日 (日) 06:35

    相手に張り付くような執拗なディフェンスと、常に精神的に揺さぶりをかけるトラッシュトークの達人である彼。

    あだ名の”the・Glove”は野球のグローブから来ているのは皆さん既にご存じですかね。相手をシャットアウトする様が、グローブで球をガッチリとホールドするようだと形容されて以降付いた、彼の代名詞です。
    【【ゲイリー・ペイトン】”the・Glove”NBAの一時代を築いた鉄壁ディフェンシブPG】の続きを読む


    元祖!ミスタートリプルダブルといえばこの男「ジェイソン・キッド」


    ジェイソンキッド(Jason Kidd, 本名:Jason Frederick Kidd , 1973年3月23日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身の元バスケットボール選手。現役時代のポジションはポイントガード。ニュージャージー・ネッツを2年連続NBAファイナルに導き
    64キロバイト (8,410 語) - 2019年3月17日 (日) 05:46



    現NBAで同じ異名を持つ選手といえばラッセル・ウエストブルックですね。

    ジェイソンキッドはその一世代前にキャリア通算107回のトリプルダブルを挙げて、その代名詞となった選手でした。

    現役当時は素行問題などで色々と取り沙汰されたこともありましたが、コート上ではその類まれなるパスセンスとオールラウンドな能力で常にチームを勝利へと導いていました。

    ニュージャージー・ネッツ在籍時はチームを2度のファイナルへ導いた実績もあります。リーダーシップも兼ね備えたポイントガードの理想像と言ってもよい選手じゃないでしょうか。

    引退後はバスケットボール殿堂入りも果たし、そのままコーチ業の方にシフト。なんと今季はレイカーズのアシスタントコーチの就任が決まったそうな。

    選手層といいコーチ陣といい、レイカーズは固めに固めてきている印象ですが…さて、今シーズンいったいどうなるのか見ものです。

    【元祖!ミスタートリプルダブルといえばこの男「ジェイソン・キッド」】の続きを読む

    このページのトップヘ