バスケの花道

「バスケの花道」は大好きなNBAを始めとしたバスケットボールに関する色々な話題を、画像・動画・2CH・Twitterなどでまとめた形にしてお届けする「NBAまとめ」「バスケまとめ」のブログサイトです。シーズン中の話題から過去のレジェンドたちのお話、チームごとの話題や選手単体の話題などなど。バスケットを愛する方たちとこのサイトで繋がれたら嬉しい限りです。宜しくお願いしますね♪

    最終戦


    日本3P決まらず、モンテネグロに15点差黒星…全敗で大会終了【バスケW杯】 - Olympic Channel
    FIBA(国際バスケットボール連盟)ワールドカップに出場している「Akatsuki Five(日本代表)」は9月9日、17-32位順位決定ラウンドのグループO最終戦、モンテネグロ代表と ...
    (出典:Olympic Channel)


    (出典 basketballking.jp)

    1 鉄チーズ烏 ★

    ■試合結果
    日本 - モンテネグロ
    JPN|16|17|18|14|=65
    MNE|26|14|21|19|=80



    日本、5戦全敗でW杯終了…モンテネグロとの最終戦で欧州勢から初勝利ならず

    9月9日に中国の東莞で「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の17-32位順位決定ラウンドが行われ、グループOでは日本代表(FIBAランキング48位)がモンテネグロ代表(同28位)と対戦した。

    4連敗で最終戦を迎えた日本は、ニュージーランド代表(同38位)戦に続き篠山竜青(川崎ブレイブサンダース)と八村塁(ワシントン・ウィザーズ)の2人を欠く中、安藤誓哉、田中大貴(ともにアルバルク東京)、渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)、竹内譲次(A東京)、ニック・ファジーカス(川崎)の5人が先発に名を連ねた。

    試合序盤は渡邊の連続得点で4-0のランに成功したが、ニコラ・ブーチェ*(オーランド・マジック)やミルコ・ビエリツァに得点を許して開始約4分で6-11。比江島慎(宇都宮ブレックス)を入れて反撃を試み、ファジーカスや渡邊、竹内譲の得点で追いすがったものの、16-26と10点のビハインドを背負った。

    第2クォーターも渡邊の得点でスタートし、馬場雄大(A東京)がフリースローで追加点をマーク。さらに、渡邊が開始2分10秒にジャンプショット、同3分34秒にレイアップを決め、2点差まで迫った。試合は中盤以降も1ケタ点差のまま推移すると、残り2分25秒の時点で31-32。しかし、オフェンスリバウンドから連続失点を喫し、33-40で試合を折り返した。

    先制点を与えた第3クォーターは、開始36秒にファジーカスが2本のフリースローを成功。安藤のフリースロー、馬場のドライブ、渡邊の“3点プレー”もあり、同2分34秒に再び1点差まで追いあげた。すると、43-45で迎えた同3分54秒に渡邊が豪快ダンク。拮抗した展開に持ちこんだが、残り1分39秒から3ポイントなどで連続得点を許し、点差を8点まで広げられた。

    51-61で最終クォーターに突入し、開始約4分で55-70と15点のビハインドを背負った。ブーチェビッチを中心とした相手に対し、渡邊、馬場、ファジーカスなどが奮闘したものの、最後までリードを奪うことができず。国際大会では初となるヨーロッパ勢からの初勝利を狙ったが65-80で敗れ、5戦全敗で大会を終えた。 

    【【FIBAワールド杯】男子日本代表最終戦「VS モンテネグロ」65‐80 にて日本完敗 (※完全版)】の続きを読む


    バスケ日本、W杯最終戦へ調整 9日にモンテネグロと(写真=共同) - 日本経済新聞
    【東莞(中国)=共同】バスケットボール男子のワールドカップ(W杯)で順位決定リーグに回った世界ランキング48位の日本は9日、中国の東莞で同28位のモンテネグロとの最終 ...
    (出典:日本経済新聞)


    (出典 bwc2019.sports-digican.com)

    いよいよ、ともったいつけるほどのことではないのかもしれません。ここまで4戦全敗、当初の期待感とは全く逆の展開になっている戦績ですから。しかし、バスケを知る者からすれば予想出来た展開であったこともまた事実でしょう。
    【【FIBAワールド杯】日本代表いよいよ最終戦「VS モンテネグロ」】の続きを読む

    このページのトップヘ