バスケの花道

「バスケの花道」は大好きなNBAを始めとしたバスケットボールに関する色々な話題を、画像・動画・2CH・Twitterなどでまとめた形にしてお届けする「NBAまとめ」「バスケまとめ」のブログサイトです。シーズン中の話題から過去のレジェンドたちのお話、チームごとの話題や選手単体の話題などなど。バスケットを愛する方たちとこのサイトで繋がれたら嬉しい限りです。宜しくお願いしますね♪

    折茂武彦


    折茂 武彦(おりも たけひこ、1970年5月14日 - )は、埼玉県上尾市出身の日本の男子プロバスケットボール選手である。190cm、77kg。ポジションはシューティング・ガード。B.LEAGUEのレバンガ北海道所属、選手兼代表。2019年現在、現役最年長の選手である。
    9キロバイト (938 語) - 2019年9月29日 (日) 22:55


    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)

    1 鉄チーズ烏 ★

    バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)レバンガ北海道の折茂武彦選手兼運営会社代表(49)が今季限りで選手を引退することが29日、分かった。体力の衰えやチームの世代交代促進が理由とみられる。10月1日に会見を行う。Bリーグの現役最年長選手で、今年1月に日本出身選手初の通算1万得点を達成した。

    埼玉栄高から日本大を経て1993年に実業団のトヨタ自動車(現B1アルバルク東京)に入団。2007年、プロリーグに新規参入したレラカムイ北海道に移籍した。

    11年には経営難でレラカムイが消滅の危機に直面する中、自ら後継チームのレバンガを設立し、バスケ界では前例のない選手兼理事長に就任。スポンサーを募るため練習の合間に道内を駆け回り、自らの貯蓄も切り崩してチームを救った。10月3日開幕の今季のB1で、現役選手として27季目を迎える。

    ポジションは得点源のシューティングガードで、3点シュートを得意とする。デビュー以来、20年近く日本代表としても活躍。17年にはBリーグ理事に就任し、2年の任期を終えて今月26日に退任した。

    レバンガは昨季、成績不振でプレーオフを経てB1に残留した。折茂は今年5月に「このままでは終われない」と現役続行を表明。一方、昨季は自身の成績も1試合平均得点が6・4点と、前季より1・5点下がったため、「この世界は結果が全て。しっかりと受け止めないといけない」と選手としての区切りを示唆していた。

    9/30(月) 5:01配信 北海道新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00010000-doshin-spo 

    【【Bリーグ】日本バスケット界のレジェンド「折茂武彦」が遂に今季限りで引退】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/08/28(水) 05:58:41.15 ID:Xkly7d249.net

    バスケットボールのプロリーグ「B.LEAGUE」の4年目のシーズンの開幕に先駆け、「B.LEAGUE TIPOFF CONFERENCE」が8月27日、東京都内で開催された。

    冒頭、大河正明チェアマンがあいさつに立ち「昭和の野球、平成のサッカー、令和のバスケットボールとなれるように」と今シーズンのB.LEAGUEのシーズンコンセプトが「NEWNESS」となったことを発表した。

    新しいことにチャレンジしていくという意気込みが含まれたスローガンで、それを象徴すべく「先出し開幕」として10月3日に「川崎ブレイブサンダースvs宇都宮ブレックス」が他の開幕カードより2日早く開催される。

    この開幕戦においては「アリーナエンターテインメント」をテーマにB.LEAGUEが掲げるエンターテインメント性の追求に徹底的にこだわったものになるという。

    大河氏は具体的には「Bリーグ史上最多の機材数による圧倒的な照明演出」「選手をより象徴的にフォーカス・シェープした本質的なシーンづくり」「来場者それぞれの観戦体験を尊重したアリーナエンタメ」の3つを挙げた。ダンサーの菅原小春がハーフタイムサポーターを務めることも合わせて発表された。

    また今シーズンからVRでの試合配信を開始することから10月3日の開幕戦では来場者にオリジナルの「B.LEAGUE VRゴーグル」がモニター配布されるという。

    今年のB1は川崎vs宇都宮線以外は10月5、6の両日に開幕。B2は9月20日に開幕する。シーズンに先駆け、地区別トーナメントカップ戦「B.LEAGUE EARLY CUP 2019」を開催。今年は初めてBリーグ全36クラブが参加。東北、関東、北信越、東海、関西、西日本の6地区で開催される。

    この日はプレシーズンマッチを行っている琉球を除く17チームから17選手が登壇し、2年目のシーズンに向けての意気込みを語った。
     
    開幕戦で対戦する川崎の藤井祐眞は「今シーズンはどんなチームが相手でも常にハードワークをして、相手以上のエナジーを持って戦っていきたい。バスケットを通じて勇気を与えられるようなプレーをしたいと思っている。ぜひそこを見てほしい」

    宇都宮の田臥勇太は「僕たちはメンバーも変わらずに今シーズンをスタートできた。それをしっかりと強みに変えられるようにチーム全員でチャレンジしていきたい。そのためにはチームメイト、スタッフ全員、そしてファンの方々とともに信頼関係をしっかり築き上げていきたい。それにチーム名も変わったので新しいチャレンジをしていきたい」などとそれぞれ今シーズンの意気込みを語った。

    田臥は今シーズン中に40歳になるのだが「まだ折茂大先輩が頑張っていらっしゃるので、頑張んなきゃいけないなと思っています」と話した。

    そのレバンガ北海道に所属する折茂武彦は49歳。「この年齢になったら49も50も変わらないので、若い選手と一緒にしっかり練習をしてケガなくシーズンを迎えたい」などと語った。


    8/27(火) 22:04配信 TOKYO HEADLINE WEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00010010-theadline-spo

    (出典 www.tokyoheadline.com)


    (出典 www.tokyoheadline.com)

    【【田臥勇太】まもなく40歳の現役シーズンへ「折茂大先輩が頑張っているので自分も」】の続きを読む

    このページのトップヘ