バスケの花道

「バスケの花道」は大好きなNBAを始めとしたバスケットボールに関する色々な話題を、画像・動画・2CH・Twitterなどでまとめた形にしてお届けする「NBAまとめ」「バスケまとめ」のブログサイトです。シーズン中の話題から過去のレジェンドたちのお話、チームごとの話題や選手単体の話題などなど。バスケットを愛する方たちとこのサイトで繋がれたら嬉しい限りです。宜しくお願いしますね♪

    八村塁



    (出典 portal.st-img.jp)

    1 風吹けば名無し

    https://twitter.com/MikeSGallagher/status/1195985792985731072?s=19
    Top pull-up efficiency leaders so far this season (min 30 attempts, in eFG%)

    Rui Hachimura - 62.5 (!)
    Kyle Lowry - 62.2
    Dame Lillard - 62.0
    Goran Dragic - 61.8
    Buddy Hield - 58.8
    Rodney Hood - 56.1
    Will Barton - 56.0
    Trae Young - 54.8
    Bogdan Bogdanovic - 54.2
    Kemba Walker - 54.1


    ※プルアップ…ドリブルからストップして打つシュートのこと
    (deleted an unsolicited ad)

    【【NBA】八村塁のプルアップジャンパー確率が何とNBA1位という事実】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)

    1 風吹けば名無し

    八村塁(21)
    平均28.0分14.4得点5.9リバウンド1.6アシスト

    レブロン・ジェームズ(35)
    平均34.5分23.9得点8.0リバウンド11.1アシスト 

    【【NBA】意味もなくレブロンと八村塁のスタッツを比較してみる】の続きを読む



    (出典 thedigestweb.com)

    2 風吹けば名無し

    まず八村の主な成績を確認してみるで。

    MP(出場時間)28.0 14.4得点 5.9リバウンド 1.6アシスト FG%.518 eFG%.536

    一言でいうとこれは当初想像されていた以上によくやってると言え、ルーキーとしては上出来な数字や。特にeFG%(3Pの価値を補正したシュート成功率)が.536と高確率なのが素晴らしいで。

    NBAではただ得点を取るだけでなく、その成功率が高いことも重要だからや。

    【【NBA】八村塁は何が凄くて何が課題なのかじっくりおさらいしようではないか】の続きを読む



    (出典 prtimes.jp)

    1 Egg ★

    ESPNが八村を特集、コート内外での活躍ぶりを米記者は高く評価

    米プロバスケットボール(NBA)で開幕から全試合にスタメン出場し、活躍を続けているウィザーズのルーキー八村塁を米放送局が特集。コート上の活躍のみならず、社交的な性格にまで言及。さらに日米でスターになれると、太鼓判を押している。

    ルーキーながら、開幕からコート上で存在感を見せ続けている八村。米スポーツ専門局「ESPN」では「マーク・スペア―ズは八村塁の衝撃はコートの外まで波及していると見ている」との見出しで、現地記者の間での高い評価を伝えている。

    「ルイ・ハチムラはワシントン・ウィザーズの基礎的なピースになりうる存在であり、シーズンを迎える期待は高かった。そして期待通りの活躍をしている」

    記事ではまずこう記し、八村のここまでのスタッツに触れている。1試合平均14.4得点はチームで3番目の数字。トータルリバウンド5.9と、フィールドゴール数は、NBAのルーキーの中でも5番目の数字だという。

    こうした成績も踏まえ、記事ではウィザーズのポッドキャストでベテラン記者のマーク・スペアーズ氏、クリス・ミラー氏、ギャリー・カーター氏が八村のコートの内外での存在感について議論した内容を紹介している。

    メディアに対する姿勢も評価「社交的な性格がお金を生み出す」

    スピアーズ氏は「私は彼の試合が好きだ。私は彼のアグレッシブなオフェンスを愛している」とし、さらに「私が思うに彼は良いリバウンダーだし、さらにもっと素晴らしいリバウンダーになる可能性もある」と特にリバウンド能力を高く評価した。

    その上でプレー以外の面にも触れ、「そして私が特に大好きな1つの点はメディアに喜んで対応する姿だ。これはメディアを無視する日本のメジャーリーガーたちとは違う」と続け、メディア対応の良さにも言及している。

    「彼は社交的だから、その行為によってコートの外でも彼にお金を生み出しているかもしれない」と、性格面においてもプレー以外の面での成功にも大いに期待をかけている。

    スピアーズ氏がゴンザガ大時代から八村をチェックしていることも紹介し、記事では「彼がもっと良い選手になれば、アメリカと日本の間でのスターとしての度合いはさらに伸びるであろう」と締めくくっている。

    現地のベテラン記者からもコート内外の振る舞いが高く評価される八村。NBAでのスターへの階段を一歩ずつ上っているようだ。

    11/15(金) 19:03配信THE ANSWER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00093967-theanswer-spo 

    【【NBA】<八村塁>NBAのベテラン記者絶賛の姿勢!「メディアを無視する日本のメジャーリーガーたちとは違う」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)

    15 鉄チーズ烏

    >>1詳細

    ■ウィザーズが連敗脱出 八村は8得点 東地区最下位から脱出

    ウィザーズの八村塁(21)が15日、敵地ミネアポリス(ミネソタ州)でのティンバーウルブス戦に臨み、開幕から10試合連続で先発。
    第3Qまでの出場(25分)で、8得点と4リバウンド、3アシスト、2スティールをマークし、チームは137―116(前半76―73)で勝って連敗を3で阻止。今季の成績を3勝7敗として、2勝7敗のニックスをかわして15チームが所属する東地区全体の最下位から脱出した。

    ティンバーウルブスとは地元ワシントンDCで行われた今季5戦目(2日)で対戦して109―131で敗れていたが敵地で雪辱。第3Q終了時点で8点をリードすると第4Qも35―24で制して勝利を収めた。ブラドリー・ビール(26)が13日のセルティクス戦に続いて44得点と10アシストを挙げれば、ベンチから出た控えセンターのモーリッツ・ワグナー(22)が自己最多の30得点を稼いでチームを引っ張った。

    八村は前半で8得点を記録したものの第3Qは苦闘。2分2秒に左のコーナーからノーマークでこの日2本目の3点シュートを放ったが失敗。このあと左手で放ったゴール下のシュートを外し、速攻から試みたレイアップは背後から追走してきたティンバーウルブスのセンター、カールアンソニー・タウンズ(23)にはたき落とされた。結局、このクオーターは出だしから10分21秒出場したが無得点。

    2日の試合で八村は2017年シーズンにNBAの「オール・ディフェンシブ・チーム」のファーストチームに選出されているロバート・コビントン(28)らのマークにあって22分出場しながらわずか4得点。
    フィールドゴール(FG)は11本放って2本しか決まらず自分のプレーがまったくできなかった。この日もブロックショットを2度浴びるなど、NBAの高さを痛感させられる試合だったが、ワグナーを筆頭にベンチ勢が奮起。ベンチスコアではとティンバーウルブスを52―32と圧倒した。

    ティンバーウルブスは2014年のドラフトで全体トップで指名されたフォワードのアンドリュー・ウィギンス(24)が「個人的事情」で欠場。今季平均25・9得点(リーグ全体11位)のリーディング・スコアラーを欠いての試合だった。2015年のドラフトでトップで指名されたセンターのカールアンソニー・タウンズ(23=2015年)は36得点、10リバウンドをマークしたが、ウィザーズの勢いが上回った形。今季成績は7勝5敗となった。

    なおウィザーズは17日に場所をフロリダ州オーランドに移してマジックと対戦する。

    2019年11月16日 12:31バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/11/16/kiji/20191116s00011061226000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【NBA】八村にとっては縁起の良い得点だったと思おう】の続きを読む

    このページのトップヘ