「ティム・ダンカン」スパーズ&ポポビッチとの相思相愛関係はまだまだ続く模様

あり、始めたての頃はバスケットへの順応に苦労したようである。セント・クロイ・カントリー学校の体育教師は当時のダンカンを「ティムはとても大きかった。大きくて高くて、でもその頃の彼はとても不器用だった」と回想している。 ダンカンはこの欠点をエスプコパル高校で克服。4年生の頃には平均25得点をあげる有望な
100キロバイト (11,939 語) - 2019年7月23日 (火) 20:52

「The Big Fundamental」基本に忠実なプレーを貫き通すダンカンの徹底した姿勢から付けられた、彼のあまりにも有名すぎるニックネーム。これ、あのニックネーム考案マニアのシャックが付けたそうな。
【【NBA】「ティム・ダンカン」ポポビッチに『おいダンカン↑ちょっとこっちこい↑』とは絶対に一度も言われたことが無いスパーズのThe Big Fundamental】の続きを読む