一度見たら忘れない【クリス・アンダーセン】見た目のインパクトだけは歴代屈指(笑)!


クリスアンダーセン(Christopher Claus Andersen、1978年7月7日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチ出身のバスケットボール選手。NBAのデンバー・ナゲッツなどに所属していた。身長208cm、体重103.4kg。ポジションはパワーフォワード、センター。愛称は「The
7キロバイト (697 語) - 2018年4月4日 (水) 13:27



まず、その身体中に施されたタトゥー。いやどこまで入れれば気が済むんだっていうくらいビッシリと入ってます。肌の隙間が無いどころか、手の甲・首までガッツリですからね。

そんな彼の異名は「バードマン」。おそらく髪型と身体中のタトゥーのせいで、ジャンプして宙を舞うと鳥に見えたのかな?

さて、日本でいうところ孔雀のような出で立ちのバードマンことアンダーセン。現役当時は只の見掛け倒しの選手という訳ではなく、ペイントエリアできっちりと仕事をこなすインサイドプレイヤーでした。

レブロンがマイアミ・ヒート在籍時にウェイドやボッシュらと共に優勝した当時、アンダーセンも貴重なベンチメンバーとしてチームに貢献していたことを覚えている方も多いのでは。

そして実は彼、キャリア全盛期にはスラムダンクコンテストにも出場しておりまして。(しかも2004年&2005年の2年連続) バードマンの名に相応しい華やかなダンクを披露するのかと思いきや、出来もしないダンクを失敗しまくってアリーナ中をブーイングと失笑の渦に巻き込んだ苦い経験の持ち主でもあります。ある意味彼を有名にしたのはこのダンクコンテストがあったからなのかも(笑)

既にNBAのキャリアは終えていますが、このアンダーセンもまたリーグを盛り上げてくれた「記録よりも記憶に残る」数少ない選手の一人だと思っています。

【一度見たら忘れない【クリス・アンダーセン】見た目のインパクトだけは歴代屈指(笑)!】の続きを読む