2000年代デトロイトの絶対的リーダー【チャンシー・ビラップス】"Mr.Big Shot"!


チャンシービラップス(Chauncey Ray Billups, 1976年9月25日 - )は、アメリカ合衆国コロラド州デンバー出身の元バスケットボール選手。ポジションは主にポイントガード。多数の移籍を繰り返してきたジャーニーマンでもある。第4Qの得点数、大事な時間帯や逆転のシュートが非常に多
15キロバイト (1,517 語) - 2018年8月25日 (土) 14:15



ビラップスが好きだというNBAファン、デトロイト・ピストンズファンの人は多いと思う。

いやだって、カッコイイんですもん。その背中が(笑) 私も大好きな選手のうちの一人です。

そのニックネームの通り、ここ一番での勝負強さは当時リーグでもトップクラスで、特に均衡したゲームになればなるほど真価を発揮するタイプの選手でした。

バッドボーイズ・ピストンズ以来となる、2000年代のピストンズ黄金期を作り上げそしてまとめ上げたリーダーですね。

キャリアトータルで見ると、彼は何と9チームも渡り歩いているジャーニーマン。ピストンズは彼のキャリアの中で6チーム目でしたが、開花したのはまさにここ。

以降、時代を代表するポイントガード・名選手として語り継がれる存在となったわけです。17シーズンを全うし、長きに渡ってNBAリーグの発展に貢献しました。

しかし、あの頃のピストンズ、良かったなぁ…(遠い目)

あ、その当時のメンバーであるベン・ウォーレスやプリンスなどなど、また別の記事でまとめる予定ですのでお楽しみに♪

【2000年代デトロイトの絶対的リーダー【チャンシー・ビラップス】"Mr.Big Shot"!】の続きを読む