サンダーのバックボーン「スティーブン・アダムス」いかついヒゲ面センターはNBAで一番の優男!


ルネームはフナキ(Funaki)。9歳上の姉は、同国の砲丸投げ選手で、オリンピックで2度の金メダル獲得を誇るバレリー・アダムスである。 18人兄姉の末っ子として生まれたスティーブンは、子供の頃はオールブラックス入りを夢見てラグビー選手を目指していたという。13歳の頃からバスケットボールを始め、16
7キロバイト (373 語) - 2019年7月12日 (金) 15:41



かのレジェンドフォワードであるチャールズ・バークレーはこう言ったそうな。「やつは近い将来NBAを代表するトップセンターになる」と。

はい。それは彼、スティーブン・アダムスのことです。

ルーキーイヤーから頭角を現し、今や押しも押されぬサンダーのスターティングセンター。

運動能力も非常に高いうえに、あの巨体に似つかわしくないスピードも兼ね備えており、いわゆる万能型と言えるタイプです。ラスとのピック&ロールからのコンビネーションアリウープもよくハイライトとして取り上げられてました。

そしてあのいかつい風貌からはあまり想像出来ないというか…NBAリーグで一番の優男と言われております(笑)。

試合では対戦相手選手への気遣いを常に忘れずフェアプレーを信条としており、見ていて本当に気持ちが良い。私も個人的に応援してる好きな選手の一人です。今季は是非、オールスターにも選出されて欲しいなぁと思っていますからね。

今季は相棒がラスからクリポへとチェンジ。いやこれは普通にありというか、かなり相性いいんじゃないかと思っているのですが皆さんどうでしょう?

【サンダーのバックボーン「スティーブン・アダムス」いかついヒゲ面センターはNBAで一番の優男!】の続きを読む