身長175㎝のNBA歴代最多回数スラムダンクコンテスト優勝者【ネイト・ロビンソン】


ネイトロビンソン(Nate Robinson)ことナサニエル・コーネリアス・ロビンソン(Nathaniel Cornelius Robinson, 1984年5月31日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身のバスケットボール選手。NBAのニューヨーク・ニックスなどに所属していた。公称身
11キロバイト (1,063 語) - 2019年4月8日 (月) 17:59



またまた来ましたミニマムですんごい選手シリーズ。

彼はNBAスラムダンクコンテストで、歴代最多3回の優勝を獲得しています。

身長175㎝と、NBAの平均的なガードの身長よりもかな~り低い上背です。優勝回数が示している通りロビンソンは、その身長差を補って余りあるほどの身体能力を保持していたんですね。

垂直跳びは90㎝ほどあるそうです。コンテストの動画見たら分かります、ロビンソンのあり得ん跳躍力が(笑)

小さいがゆえにそのダンクのパフォーマンスが常に取り沙汰されていた彼ですが、選手としてはどうだったかというと微妙でしたね。

理由はやはり”身長”。まず、スタメンで試合に出ることはほとんどなく常に控えからの出場でした。ある時はチームの流れを変える起爆剤として、またある時は勝ちあるいは負けが確定してしまったゲームの消化役として。

チームもかなり転々とし、ルーキーイヤーから5年間在籍したニックスを除いてはほぼ1年~2年スパンで移籍を繰り返しました。

それでも10年近く、強者がひしめくNBAリーグにおいて常にベンチに居続けられたというのはやっぱり凄いことですよね。

彼もまた、低身長のプレイヤーを勇気づけたバスケットボール会の貢献者だと思っております。

【身長175㎝のNBA歴代最多回数スラムダンクコンテスト優勝者【ネイト・ロビンソン】】の続きを読む