【皮肉の極み】彼が移籍してラプターズは優勝してしまった「デマー・デローザン」


デマーデローザン(DeMar Darnell DeRozan、1989年8月7日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州コンプトン出身のプロバスケットボール選手。NBAのサンアントニオ・スパーズに所属している。ポジションはガード&フォワード。身長201cm 体重98kg。
14キロバイト (1,178 語) - 2019年5月1日 (水) 05:34



技術・身体能力ともにハイレベルな上に、彼はシーズン中もチームをけん引し続けプレイオフへと導きました。でも、ポストシーズンではなぜかチームを勝利に導けない。

翌年も彼はチームをイースト最高勝率でプレイオフへ導きました。やはり、プレイオフを勝ち上がることは出来ませんでした。

はい、ここまでは彼がラプターズに在籍していた時のお話。

オフにデローザンは、突如なんの告知もなくトレードでサンアントニオ・スパーズに放出されてしまいました。交換要員は…そう、あの「クワイ・レナード」です。

スパーズで新しいキャリアを歩みだした彼ですが、レナードが加入したラプターズはというと…

いきなりプレイオフを勝ち上がり続け、最終的にはウォリアーズとのファイナルを制し、チーム創設以来の初優勝を成し遂げます。

いやなんとも!なんともやり切れん!

「デローザンではチームを勝たせることが出来ない」とでも言わんばかりの優勝ではないですか!!

ファイナル終了時には彼のコメントも色々と出ていましたが、きっと内心穏やかではなかったと思います。いや穏やかでいれるはずがない。

「本当はあの優勝の輪に俺がいるはずだった」と。

NBAは日本のプロ野球リーグのように巨大なビジネスマーケットでもある特性上、選手の移籍は仕方のないことですが…に、してもねえ。

つらつらとつい長くなってしまいましたが、デローザンにはスパーズで次の輝けるキャリアを築いてほしいなと思っています。

能力は文句ないんだから!!




【【皮肉の極み】彼が移籍してラプターズは優勝してしまった「デマー・デローザン」】の続きを読む