【ディアンドレ・ジョーダン】今季のブルックリン・ネッツにはこやつもいるのです!!


as part of 7-player swap” (英語). ESPN.com (2019年1月31日). 2019年2月7日閲覧。 ^ ディアンドレジョーダンのため、『男気』を見せたデュラントとアービング BASKET COUNT 2019年7月1日 en:List of National Basketball
23キロバイト (2,314 語) - 2019年7月26日 (金) 00:16



なんとなく「スカーーーーーっ!!」としたい時、ありますよね。

そんな時は彼のダンクハイライトを見ましょう。すんごいですから!

そしてまた彼は、フリースローが鬼のように下手くそです。
ほんとに下手くそなので、また違った癒しが欲しい方も彼のフリースローシーンを見ると良いでしょう(笑)

彼のキャリアが華開いたのはクリッパーズ在籍時。クリス・ポールとブレイク・グリフィンと共にチームをウエスタンの強豪チームへと押し上げました。

その後各選手散り散りに移籍してチームは解体 (クリポ→ロケッツ グリフィン→ピストンズ) ジョーダンはというと、マーベリックス→ニックスと移り、なんと今季は「あの」ブルックリン・ネッツへ!

そうです、カイリー・アービングとケビン・デュラントの話ばかりで持ち切りですが、まだまだNBAリーグ有数の化け物センターであるジョーダンも今季からネッツ所属なのです!

これ、普通にBIG3と呼ぶに相応しいメンツですよね。

前記事の通りデュラントは今季絶望が濃厚なので、真の新生ブルックリン・ネッツはやはり来季からですな。いやー、楽しみ♪

【【ディアンドレ・ジョーダン】今季のブルックリン・ネッツはカイリー&デュラントだけではない!】の続きを読む