”キングコング”の異名はまさに見た目そのまま…「パトリック・ユーイング」


パトリック・アロイシャス・ユーイング(Patrick Aloysius Ewing, 1962年8月5日 - )はジャマイカのキングストン出身の元バスケットボール選手。NBAのニューヨーク・ニックスなどで活躍した。ポジションはセンター。 リーグを代表するセンタープレイヤーの一人として現役時代を過ごし
23キロバイト (1,994 語) - 2019年7月27日 (土) 10:28



一説によりますと、スラムダンクの赤木 剛憲(ゴリ)のモデルになった選手はこのユーイングだそうな。まあ、納得(笑)

見た目もゴリラならプレイもゴリラで、ポスト付近のパワープレイから豪快なダンクを連発していました。ブロックもまさにスラムダンクよろしく「ハエ叩き」がよくハイライトシーンで出てきております。

彼が在籍していた当時のニューヨーク・ニックスは強豪として長きに渡りリーグに君臨していたものの、彼もまた最後までチャンピオンリングを手にすることは出来ず。

名将パット・ライリーが率いていた時代のニックス、大好きだったんですけどねー。程よいラフプレイ(笑)とディフェンシブなチームスタイルが、あのバッドボーイズピストンズに似てなくもない感じで。

引退後しばらくして彼もバスケットボール殿堂入りを果たしております。

【”キングコング”の異名はまさに見た目そのまま…「パトリック・ユーイング」】の続きを読む