バスケの花道

「バスケの花道」は大好きなNBAを始めとしたバスケットボールに関する色々な話題を、画像・動画・2CH・Twitterなどでまとめた形にしてお届けする「NBAまとめ」「バスケまとめ」のブログサイトです。シーズン中の話題から過去のレジェンドたちのお話、チームごとの話題や選手単体の話題などなど。バスケットを愛する方たちとこのサイトで繋がれたら嬉しい限りです。宜しくお願いしますね♪

    アキーム・オラジュワン


    アキーム・アブドゥル・オラジュワン(Hakeem Abdul Olajuwon, 1963年1月21日 - )は、ナイジェリア・ラゴス出身の元バスケットボール選手。NBAのヒューストン・ロケッツを中心に活躍した。 ナイジェリアのラゴスでセメント業を営む父親の元、6人兄弟の3番目に生まれる。15歳まで
    22キロバイト (1,910 語) - 2019年9月2日 (月) 13:16


    (出典 nbatopics.com)

    1 風吹けば名無し

    ジャバーとかシャックとか言う奴はにわか

    【【NBA】『アキーム・オラジュワン』キャリアピークの突出度は歴代センター最強説】の続きを読む


    スピード・パワー・テクニック全てを兼ね備えたNBA歴代屈指のセンター「アキーム・オラジュワン」


    アキーム・アブドゥル・オラジュワン(Hakeem Abdul Olajuwon, 1963年1月21日 - )は、ナイジェリア・ラゴス出身の元バスケットボール選手。NBAのヒューストン・ロケッツを中心に活躍した。 ナイジェリアのラゴスでセメント業を営む父親の元、6人兄弟の3番目に生まれる。15歳ま
    22キロバイト (1,910 語) - 2019年3月17日 (日) 05:52



    バスケットボールにおいて、ポスト付近を戦場とするセンターのポジションには色々なタイプの選手がいますよね。

    ミドルレンジのシュートが下手くそなので完全にゴール下付近で戦うパワータイプ。はたまたミドルシュートはおろか3ポイントまで打ててアシストも上手い技巧派タイプ。また、オフェンス能力は低いもののディフェンスとリバウンド力に特化した守護神タイプなどなど。

    このオラジュワンという選手は、リアルにこの全てが優れていたレジェンド級のセンターでした。

    中でも「ドリーム・シェイク」と敬意を込めて付けられたゴール下のムーブは、全世界のバスケセンタープレイヤーが一度はマネしたあるいはモノにしようとしたはず(笑)

    1994年と1995年の2季連続でNBAチャンピオンリングを手にしていますが、大学時代のチームメートであるクライド・ドレクスラーと共に戦った1995年のファイナル制覇が、私的には凄く印象に残っています。

    【スピード・パワー・テクニック全てを兼ね備えたNBA歴代屈指のセンター「アキーム・オラジュワン」】の続きを読む

    このページのトップヘ