【身長160㎝】NBA史上最も小さい男「マグジー・ボーグス」この選手から学んだことは多かった!!


マグジーボーグス(Muggsy Bogues、本名:タイロン・カーティス・ボーグス、英: Tyrone Curtis Bogues、1965年1月9日 - )は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。メリーランド州ボルチモア出身。出身大学はウェイク・フォレスト大学。身長160
7キロバイト (493 語) - 2019年2月2日 (土) 10:25



1990年代のNBAで活躍した (本当に普通に活躍していた) NBA登録史上最も身長の低かった選手マグジー・ボーグス。私の身長は彼よりも15㎝ほど高くはありますが、現役時代は同じポイントガードをしていましたので彼についての動画は本当に良く見ました。

日本でプレイしてても、160㎝ってまあ低いほうです。少し前までBリーグ仙台89ersで活躍していた志村武彦選手も同じ160㎝なので、彼を思い浮かべればそれがボーグスの身長です。

身長が低くてもこれだけやれるんだぞ!のリアル版といって言いボーグス、特にホーネッツ在籍時には当時まだ若手であったラリー・ジョンソンやアロンゾ・モーニングを上手にコントロールしていましたね。(ステフィン・カリーのお父さんデル・カリーも、ボーグスとガードでタッグを組んでました) 

ポイントガードとして生きるプレイヤー、特にサイズで相手に劣るケースが多い方たちは是非彼の動画を見て、多くのことを学んでほしいなと思ってます★

【【身長160㎝】NBA史上最も小さい男「マグジー・ボーグス」この選手から学んだことは多かった!!】の続きを読む