バスケの花道

「バスケの花道」は大好きなNBAを始めとしたバスケットボールに関する色々な話題を、画像・動画・2CH・Twitterなどでまとめた形にしてお届けする「NBAまとめ」「バスケまとめ」のブログサイトです。シーズン中の話題から過去のレジェンドたちのお話、チームごとの話題や選手単体の話題などなど。バスケットを愛する方たちとこのサイトで繋がれたら嬉しい限りです。宜しくお願いしますね♪

    【八村 塁】



    (出典 basketballking.jp)

    5 バスケ大好き名無しさん

    八村爆発で勝利!と思ったら4Qは相変わらずビールが無謀なアタック繰り返すだけだったw

    【【NBA】八村塁に求む「セルフィッシュ」な一面】の続きを読む



    (出典 basket-count.com)

    1 風吹けば名無し

    ウィザーズの八村塁(21)は、ホームのワシントンで行われたキャバリアーズ戦に先発。35分18秒のプレーで、2試合ぶりの2ケタ得点となる21点をマークした。NBAでプレーしたアジア人では最速となるデビュー8戦目の通算100得点超え。

    チームは100―113で敗れ、通算2勝6敗となった。

    https://hochi.news/articles/20191109-OHT1T50304.html


    【【朗報】NBAウィザーズ八村塁 8試合目にしてヤオ・ミン超えを果たす】の続きを読む



    (出典 basketballking.jp)


    1 鉄チーズ烏 ★

    11/9(土) 11:30配信 バスケットボールキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00199753-bballk-spo

    11月9日(現地時間8日)、ワシントン・ウィザーズの八村塁がキャピタル・ワン・アリーナで行われたクリーブランド・キャバリアーズ戦に出場した。

    7日(同6日)のインディアナ・ペイサーズ戦では今季初の無得点に終わった八村だが、8試合連続でスターティングファイブに名を連ねた。第1クォーター開始2分27秒にジャンプショットを決め、同3分27秒にはケビン・ラブのファウルを誘いフリースローを獲得。1本成功させ、直後にレイアップも沈めた。

    第2クォーターはダンクやリバースレイアップなどで一挙10得点をマーク。チームがビハインドを背負う中、八村が気を吐いた。第3クォーターはブラッドリー・ビールのアシストからフックシュートを決めれば、トーマス・ブライアントのダンクをお膳立て。さらに、残り3分18秒には10点差で迫るダンクをトリスタン・トンプソン越しに叩きこんだ。

    チームは84-88で突入した第4クォーターでもリードを奪えず。最終スコア100-113で敗れ、2連敗を喫した。

    なお、
    八村は試合を通じてフィールドゴールを13本中10本成功させるなどチーム2位の21得点。7リバウンド3アシスト2スティールをマークした。


    【【NBA】好不調の波が交互に来る八村塁だが…】の続きを読む



    (出典 thedigestweb.com)

    6 バスケ大好き名無しさん


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    【【NBA】ウカウカしていられない八村塁】の続きを読む



    (出典 basket-count.com)

    1 すらいむ ★

    【NBA】八村塁、初の無得点 8リバウンド記録も攻撃でボール回らず 敵地で100失点超の完敗

    ■7試合連続スタメン出場もペイサーズに完敗

    米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が6日(日本時間7日)の敵地ペイサーズ戦に7試合連続でスタメン出場。 シュートチャンスが少なく、初の無得点に終わり、2連勝を狙ったチームも106-121で完敗を喫した。

    ファンの太鼓が鳴り響くバンカーズ・ライフ・フィールドハウスで行われたこの試合で、前日にロードでオーバータイムの試合を行ったばかりのペイサーズに挑んだウィザーズ。 八村は第1クォーター(Q)に、ブラッドリー・ビールのパスに反応し2試合連続アリウープを狙ったが、惜しくもパスが合わず得点を逃す。

    第2Q残り7分から再びコートに立った八村だが、攻撃時になかなかボールが回ってこず、シュートチャンスを得られない。 前半0得点で終えた八村だが、8リバウンドを記録。チームは課題としているディフェンスでミスコミュニケーションが目立つなど、リードを広げられ62-70で前半を折り返した。

    後半もスタートからプレーした八村は、この日マッチアップしたジャカール・サンプソン相手に、チームのディフェンスが機能しない影響もあり、苦戦を強いられる。 第3Q残り6分半過ぎにはポンプフェイクからレイアップを決められた。 第4Qも流れを変えることができずに敗戦。

    八村はオフェンス面で存在感を発揮することができなかった。


    THE ANSWER 2019年11月7日 11時27分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17345111/

    【【NBA】まさか…もう丸裸にされたっていうのか⁉】の続きを読む

    このページのトップヘ