(出典 hoops-japan.com)

1 鉄チーズ烏 ★

NBAは5日、ホークスの主力フォワード、ジョン・コリンズ(22)に対して25試合の出場停止処分を科した。AP通信によれば、禁止薬物の成長ホルモンに分類される「ペプチド―2」に対して陽性反応を示したためで、今季年俸が268万ドル6560ドル(約2億9000万円)の同選手は処分期間中分のサラリーが減額される。

コリンズは2017年のドラフトの全体19番目に指名されてホークス入り。3季目の今季は開幕から5試合に出場してチーム2位の17・0得点と、同1位の8・8リバウンドをマークしていた。

本人は謝罪したものの、陽性反応はサプリメント服用によるもので故意の薬物使用は否定。処分に対しては提訴する意思を見せている。

NBAの今季の薬物規定違反による処分者はコリンズで3人目。8月29日にはネッツのフォワード、ウィルソン・チャンドラー(32)が成長ホルモンで、10月24日には昨年のドラフト全体トップで指名されたサンズのセンター、ディアンドレ・エイトン(21)が利尿剤に陽性反応を示して同じく25試合の出場停止処分を科せられている。

2019年11月06日 10:20
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/11/06/kiji/20191106s00011061119000c.html

(出典 www.sponichi.co.jp)


13 名無しさん@恐縮です

>>1
元阪神の金本が現役時代に人成長ホルモンを注射していたような記事をよんだかな?


3 名無しさん@恐縮です

コリンズ星


6 名無しさん@恐縮です

そういうのは子供の時にやっておけよ


7 名無しさん@恐縮です

アメスポは薬物まみれだからな


8 名無しさん@恐縮です

普通に市販されてるサプリメントでこういうのあるからな


11 名無しさん@恐縮です

実際どうなんだろうね。野球は身体見てパワー付いてるの分かるけどバスケ…


16 名無しさん@恐縮です

>>11
身長伸ばしたかったんじゃ?成長ホルモンとか書いてるし


26 名無しさん@恐縮です

>>16
違うよw ヒト成長ホルモンをドーピング目的で使うと筋肉増強や怪我からの早期回復などに効果がある


30 名無しさん@恐縮です

>>11
ゴール下、インサイドは格闘技


12 名無しさん@恐縮です

育毛剤じゃねーの?


14 名無しさん@恐縮です

アメスポが国際大会に非協力的なのは国際大会は薬物検査が厳しいからなんだよね


17 名無しさん@恐縮です

懲りん奴だな


18 名無しさん@恐縮です

キューピーちゃんみたいな風貌のくせに


19 名無しさん@恐縮です

成長させてくれたっていいじゃない


20 名無しさん@恐縮です

バスケってそんなに筋肉必要か? 軽い方が有利な気がするけど


27 名無しさん@恐縮です

>>20
世界選手権観なかったのかよ?どんだけペイントから閉め出されてたよ?


21 名無しさん@恐縮です

罰が軽すぎるわ


22 名無しさん@恐縮です

たった25試合かよ、WADA絡みなら2年謹慎ぐらい普通だぞ。


28 名無しさん@恐縮です

2m8cmもあってまだ成長したいのかよ


29 名無しさん@恐縮です

大豆ペプチド