腎臓疾患と闘い二度に渡る引退からカムバック【アロンゾ・モーニング】NBA屈指のハイパワーマッスルC!

アロンゾ・ハーディングモーニングJr(Alonzo Harding Mourning, Jr. アメリカ合衆国・バージニア州チェサピーク出身, 1970年2月8日 - )の元バスケットボール選手。 身長208cm・体重123kg。センタープレイヤーとして上背はないが、剛力を発揮してインサイドを支
10キロバイト (902 語) - 2019年3月16日 (土) 09:04

筋骨隆々の体躯と激しい闘争心、見ているだけで熱くなれる選手といえばモーニング。

キャリア全盛期の真っただ中で「巣状糸球体硬化症」という重大な腎臓疾患を抱えてしまった後に、二度に渡る引退から二度ともカムバック。まさに鋼の肉体と精神を併せ持つNBAのトップセンターでした。

支配的な力を発揮していた全盛期は、疾患が発覚する前のマイアミ・ヒート在籍時。ですが、私個人的にはルーキーイヤーから数年間のシャーロット・ホーネッツ在籍時のモーニングがお気に入りです。

何かと同時期にNBA入りしたシャックと比較されがちでしたが (しかもシャックは1位指名、モーニングは2位指名)、モーニングもルーキーイヤーから十分新人離れな動きしてましたよ。

ただ、シャックが余りにも目立ち過ぎてた。ゴールポスト破壊したりルーキーイヤーは余りにも目立ち過ぎてましたから(笑)


<関連する画像>


(出典 livedoor.blogimg.jp)

(出典 heartnext.up.seesaa.net)

(出典 nba-js.com)

(出典 nba-news.net)

<最近のTwitter>

キングろうきゅ
@KingRoukyu

[NBA history] Vol.43 Alonzo Mourning(アロンゾ・モーニング) 〜病とも闘った最強のインサイドディフェンダー〜 https://t.co/DIP0h0uOhJ @YouTubeよりNBAヒスト… https://t.co/Acrx8WaUIt

2019-08-21 07:04:41

(出典 @KingRoukyu)

片岡秀一
@kataokachan

バスケにおけるワールドカップの歴史ドキュメンタリー。FIBA投稿。世界各国のバスケの系譜も紹介されている。電車移動中に視聴したが、濃密な10分間だった。アロンゾ・モーニングの語り(94トロントでのワールドカップ出場メンバー)も多い… https://t.co/AUVxYb2Vr7

2019-08-20 03:03:01

(出典 @kataokachan)

sum213
@ sum213213

@deptrai_ @jefar_7am 昼休憩中でもトレーニングするくらいストイックなびんぶんさんの筋肉なら、マローンにもアロンゾ・モーニングにもなれますね☻

2019-08-17 00:22:11

(出典 @sum213213)

ネバーギブアップ囲碁将棋部長(ごろー)✰とても深いグリーン✰ロボユニ団
@1031awakening

@24pon_nirayama あとアロンゾ・モーニングとマグジー・ボーグスも追加で(懐)笑

2019-08-16 11:38:37

(出典 @1031awakening)